SEO(検索エンジン対策)

SEOとは

ホームページをお持ちの方なら、自社のホームページをできるだけ沢山の方々に見てもらいたいと思うのは当然です。
またたとえ少数でも、自社のサイトに掲載された情報が必要な方が確実にアクセスできるようにすべきです。 そのためには、

  • 従来の広告媒体を利用する
  • スティングやバナーなどWeb広告の活用
  • 検索エンジンに登録する

そして費用もかからずできること、それが3番目の検索エンジンに登録されることです。
しかし、Yahoo!やGoogleの検索エンジンで検索してみると、その検索結果の多さと自社サイトの順位の低さに驚かれることでしょう。
検索結果の上位、できれば1ページ目に出るためにはどうしたらいいのか?それが、SEO(検索エンジン最適化)です。

検索エンジンの種類

検索エンジンには大きく分けて2種類のエンジンがあります。
従来のYahoo型とも言えるディレクトリ型検索エンジン、とGoogle、msn等のロボット型検索エンジンです。

1. ディレクトリ型検索エンジン

ホームページの種類を「カテゴリ」に分類し、それぞれのカテゴリにあったホームページを手動で登録する検索エンジンです。登録申請があるとそのサイトを「エディタ」と呼ばれる人が確認・内容のチェックをし、問題がなければ登録されます。ディレクトリ型検索エンジンはSEOの対象外です。

2. ロボット型検索エンジン

インターネット上を「クローラ」や「スパイダー」と呼ばれるロボット・プログラムが自動巡回し、そのサイトのページ上にある文章や画像などをコピー(キャッシュ)して持ち帰ります。巡回して取得したデータからキーワードを選び出してデータベースに登録し、検索者の検索を待ちます。このロボット型検索エンジンがSEOの対象になります。

SEOの本来の考え方

SEOは検索エンジンに対する最適化ですから、検索エンジンの仕様やチューニングによって、その結果(キーワードの価値)は異なってきます。いたずらに狭義の最適化を施すことは、価値ある情報を提供しようとする、あるいは価値の高さに応じてランク付けしようとするエンジン側のポリシーに反することにもなりかねません。

情報を提供する側は、常にこのことを念頭に置き、正しいフォーマットでよりよい情報提供者となるべく、サイトの公開を行う必要があります。

SEOの実際

エンジンの仕様の変化に伴い、SEOの手法も変化するわけですが、現行の2大ポータル、Yahoo!とGoogleに対して効果的な方法は現在以下のようなことが言われており、実際結果を出すことが可能となっています。

1. タグのあるべき使用

従来、あまり重要視されなかったタイトルや見出しのタグが、HTMLの根本に戻って重要視されています。
最新言語XHTMLでは、本来のタグ法則に従った記述が求められます。

2. テキストマッチング

上位に表示したいキーワードをうまく盛り込んだ文章を構成することも重要です。
キーワード自体の文章内の出現率という考え方もあります。もちろん多すぎても、少なすぎてもいけません。不自然な出現率は、かえってスパム行為とみなされる危険性もあります。

3. リンク元の重要性

リンク元とは「どのようにリンクされているか」です。
ポイントはキーワードを含むテキストリンクであることです。Yahoo!の「18才未満」は有名な話です。

4. PageRank

Google系エンジンで使用される評価項目で、リンクが張られていることで価値が上がるのですが、元となるサイトのページランク自体も高いと、その評価はより高くなります。
一般的には、アクセス数の多いサイトからのリンクであることが重要といえるでしょう。そのため、最近ではあまり活用されないYahoo!のカテゴリへの登録も有効といわれています。

5. 静的なページからのリンク

CMSやDB連動のサイトが増える中で、動的に生成されるページも増えてきています。
ただ、SEO上は動的なページからのリンクではなく、従来どおりの静的なページからのリンクをより価値があると判断します。

ワンダーミックスは無料!

ユーザビリティ・アクセシビリティ・SEO・インターフェイス・アクセス解析

ワンダーミックスではその場限りの安易な改造を避け、ユーザビリティ・アクセシビリティ・アクセス解析・インターフェース・デザイン・直感性・信頼性など、Webサイトに求められるさまざまな要素のバランスをとりながら、最適な結果をもたらす成果物のご提供を行っております。ワンダーミックスでのSEOは基本的に無料です!

もちろん、そこで培ったノウハウにより既存サイトのSEOに向けた改修もお請けしております。詳しくは、お気軽にご相談ください。