リスティング広告

Webサイト自体が、これまでの媒体と異なる新たな広告媒体であることに変わりはありません。
ですが、そのWebサイトをさらに強力にアピールする方法、それが今話題の「リスティング広告」です。

リスティング広告とは?

ヤフーやGoogleなどの情報検索サイトで、キーワードを入力したユーザーに対して、そのユーザーが求める情報にマッチしたウェブサイトを、検索結果とは別に目立つように表示し、ユーザーを誘導する方法です。
代表的なリスティング広告として「yahoo!」や「MSN」でのオーバーチュア、「google」のアドワーズ広告などがあります。

リスティング広告のメリットは、限定したターゲットに安価に自社サイトへの誘導が行える点です。
表示されるだけでは料金は発生せず、表示された広告がクリックされて初めて課金されるので効率の良い広告投資といえます。

AdWordsとOvertureの違い

AdWords

Overture

キーワードの最低落札価格

7円

35円(9円)

申し込みから広告掲載まで

即日

1~3日

広告予算設定単位

一日単位

月単位

ワードの部分一致

基本的には部分一致

基本的には完全一致

掲載順位の基準

CTR(クリック率)が0.5%以下の場合は、掲載中止となる。人気のない商品、曖昧な テキスト表現では順位が上がらない。

CTR(クリック率)の低さに関わらず掲載可能。クリック単価の設定のみで掲載順位が決定される。

リスティング広告を、マーケティングツールに活用

リスティング広告は基本的に集客のための広告手段ですが、実は同時に非常に優秀なマーケティングツールとしても活用可能です。そのためには、アクセスログ取得の準備を整えておき、リスティング広告を実施する前と後でどのような変化が現れるのかを具体的に捉えます。有効なワード、それがインターネットで貴社あるいは貴社の商品をPRするキーワードとなるのです。

集客してからがはじまり

リスティング広告が功を奏し、アクセス数が増え、また売上に貢献し始めてもそれで終わりではありません。通常のマーケティング同様、その変化を敏感に捉え、また見てもらいたいページへのアクセスはどうか、想定した結果に結びついているかなど、そこに存在する原因を突き止め、対策を講じます。ページごとの構成はもちろんのこと、サイトとしての使いやすさや信頼性、つまりユーザビリティを検証し、移り気なユーザを引きとめ、さらなるアクセスに結びつける必要があります。

ワンダーミックスでは、広告掲載のお手伝いから、アクセス解析設定、ユーザビリティ調整を含む改修やリニューアルなど、SEM(Search Engine Marketing:検索エンジン最適化)すべてにわたってトータルにサポートいたします。

リスティング広告 お申し込みから実施までの流れ

1. ヒアリング

弊社担当がお客様に広告ならびに弊社サービスの内容をご説明いたします。

2. ご提案

お客様のニーズに合わせたキーワード及び予算のご提案をいたします。
必要に応じ、戦略的なランディング・ページを含めた企画をいたします。

3. 上限予算の確認・デジポット(保証金)のご入金

月額予算をご決定いただきます。
オプションを含めたお見積書を提出させていただきます。

4. Adwards 掲載開始

まず最初は、自由度の高いGoogle Adwords広告にて、リスティングをスタートさせます。
出稿後も予算内での高い効果が得られるよう、調整を行います。

5. Overture 掲載開始

Adwordsで一定の成功事例を理解したうえで、Overtureでの出稿を開始します。
出稿後も予算内で最も高い効果が得られるよう、調整を行います。
もちろん、当初から両方に掲載も可能です。

6. 運用サポート

出稿後も広告の出稿状況を常に監視し、最大の広告効果が得られるよう、キーワードの追加・変更・削除、クリエイティブ・テキストの調整等を続けていきます。
また、ご要望に応じてアクセス解析やサイト・チューニングのご提案もいたします。

サービス概要・料金

月額管理費 広告費の20%
実際にクリックされて課金された料金の20%を月次管理費用として頂きます。

  • ランディング・ページ作成(都度お見積り)
  • ユーザビリティ診断(無料)
  • ユーザビリティ向け改修(都度お見積り)